スポンサーリンク

【意味】MEHとは?【海外ネット用語】

MEHの意味や定義を解説・説明


MEHの意味は、無関心な感情を表す言葉。主に英語圏などで使われるインターネット用語(インターネットスラング)。ちなみにMEHの読み方は「メェ」と読むのが一般的。

日本語で例えると「ふ~ん…で?」「あっそ」「知らんがな」「だから何?」のような割りとキツめの表現になる。

【意味】小並感とは?【ネット用語】

小並感の意味や定義を解説


小並感とは、「小学生並みの感想」という意味のインナーネット用語。略語。小並感の読み方は「しょうなみかん」や「こなみかん」がある。読み方はどちらでも構わない。

自らのどうでもいい分かりきってる感想や、示唆に乏しいありきたりな感想を自虐的に語る時に使われる。揚げ足を取られないための自己防衛策の一つとして「小並感」は使われる。

【マンガ】不能犯とは?【映画】

不能犯の作品をざっくり解説・説明


『不能犯(ふのうはん)』とは、グランドジャンプで月一で連載されているサスペンス漫画のこと。作者は宮月新(原作)と神崎裕也(作画)。出版社は集英社。

2017年7月現在、『不能犯』は1巻から5巻までが発売されている。月一連載のため『不能犯』の新刊コミックの発行ペースは遅い。漫画「不能犯」の1巻から5巻のネタバレ感想も参照。2018年には『不能犯』が実写映画が公開されている。主演は松坂桃李と沢尻エリカ。映画「不能犯」のキャスト一覧も参照。

【漫画】ブリーチの名言一覧【簡易版】

『ブリーチ(BLEACH)』といえば少年ジャンプ(集英社)で連載されていたバトル漫画。作者は久保帯人。『ブリーチ』は2001年に連載が開始しましたが、ちょうど15年という区切りを持って残念ながら2016年に完結しました。漫画『ブリーチ』の最終回も参照。

そこで今更ですが『ブリーチ』の名言を簡単に一覧にしてみました。もし『ブリーチ』談義に花を咲かせる場合に使用してください。

漫画「僕たちがやりました」とは?

僕たちがやりましたの解説と説明


『僕たちがやりました』は、ヤングマガジンで連載してた漫画。連載期間は2015年から2017年まで続き、『僕たちがやりました』の合計巻数は全9巻。略称は「僕やり」などがある。

作者は金城宗幸(原作)、荒木光(漫画)。出版社は講談社。2017年7月にはフジテレビ系列で実写ドラマ化もされた。『僕たちがやりました』のキャスト登場人物一覧も参照。

【漫画】喧嘩稼業・喧嘩商売とは?【木多康昭】

喧嘩稼業・喧嘩商売の説明と解説


『喧嘩商売』とは、2005年から連載が開始し、2010年に第一部が完結した格闘漫画のこと。作者は木多康昭。掲載誌はヤングマガジン。出版社は講談社。巻数は全24巻。おすすめ格闘漫画ランキング上位にも頻繁に選出される格闘マンガ。

『喧嘩稼業』とは、その続編にあたる第二部。約三年の休載期間を経て、2013年から連載が再開した。『喧嘩商売』ではストーリーが脱線し、有名人を扱ったブラックジョークも合間に描かれることも多かったが、第二部にあたる『喧嘩稼業』ではシリアスな格闘漫画に仕上がってるのが特徴。

【自動車】スズキ・カプチーノとは?

スズキ・カプチーノの意味を説明


カプチーノとは、スズキ自動車がかつて1991年から1998年まで発売していたオープンカースタイルの軽自動車のこと。

スズキ・カプチーノは軽自動車では珍しく、フロントノーズが長いデザインをしたFR車だった。ただエンジンの配置を調整することで、カプチーノは実質的には「MR(ミッドシップレイアウト)」だったとされる。

しかしながら軽自動車の規格変更も手伝って、販売が停止した。ちなみにスズキ・カプチーノはイギリスでも販売されていたこともある。

ハンターハンター34巻の発売日はいつ?

世の中にはたくさんの休載マンガがあります。その中でもトップクラスの発行部数と知名度と休載期間の長さを誇るのが『ハンターハンター』。もし興味がある方は『HUNTERXHUNTER』の休載期間まとめも御覧ください。

ただこの度、『ハンターハンター』の最新34巻が発売されます。果たして発売日はいつなのか?を含めて記事化してみました。


HUNTERXHUNTERの発売日は6月26日


結論から書いてしまうと、『HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)』の発売日は6月26日になります。6月26日は月曜日ということで、ちょうど少年ジャンプが発売される日。まだ連載再開の情報はありませんが、もしかすると『ハンターハンター』の連載が再開される可能性…もしくは告知がされる可能性も。

ちなみに既に『HUNTERXHUNTER』34巻分のネタバレ感想(バズマン)
はレビュー済み。ただ少年ジャンプで連載されていた当時のもの。もしかするとコミック版の34巻では加筆や修正があるかも知れないので、『ハンターハンター』最新34巻のレビュー漫画ネタバレブログ「ドル漫」で行いたいと思います。

更なる詳細は【6月26日】ハンターハンター最新34巻がついに発売される模様を参照。

漫画「トリコ」とは?

漫画「トリコ」とは何なのかを解説・説明

漫画『トリコ』は、週刊少年ジャンプで連載していたグルメバトル漫画。少年ジャンプ2008年25号から連載が開始したが、2016年51号を持って漫画「トリコ」は完結している。

主人公の美食屋を名乗るトリコが様々な食材を世界中で狩り、それをトリコの相棒であるシェフ小松が調理するというストーリー。ただ食材とは言っても、凶暴なモンスターばかり。しかし凶暴度が増すほど、厳密には「捕獲レベル」が増すほど「美味しさ」も増す。

『トリコ』はグルメマンガというジャンルでありながら、圧倒的なバトル描写が展開されたことが特徴。ちなみに『トリコ』の話数の表現は「グルメ」。そして『トリコ』の最終回は「グルメ396」で完結している。

漫画ネタバレブログ「ドル漫」を立ち上げました

今までライブドアで「バズマン。」という漫画レビューブログを運営してたんですが、先日新しくドル漫(d-manga.net)という漫画レビューブログを立ち上げました。既に「人気おすすめ格闘漫画ランキング」といったおすすめ記事も執筆済み。

このブログもBloggerという世界的に有名な無料ブログで運営しているものの、少し支障も多い。ワードプレスは簡単で色んなカスタマイズが可能。レンタルサーバーだと.htacessもイジれたりCSSを縮小できたり、表示の速度アップも自分で対応できるのが嬉しいではありませんか。